ブログ|尾張旭市で歯科・歯医者をお探しの方は【あさひ大沢歯科】まで

〒488-0826
愛知県尾張旭市大塚町2-6-13

052-778-8187

診療時間
9:30~12:30/※//
14:00~18:30/※//

14:00~17:30
祝日がある週は診療いたします
休診日:木曜・日曜・祝日

ブログBlog

  • アーカイブ

  • カテゴリー

放置するのは危険?乳歯のむし歯の治療について

2020年2月12日

皆さんこんにちは。

あさひ大沢歯科です。

 

お子さまの歯磨きをチェックしたり、仕上げ磨きをしたりしていると、「これってむし歯かな?」と思う異常に気付くことがありますよね。

 

それが単なるステインや着色汚れなら良いのですが、むし歯だったら大変です。

 

できるだけ早期に治療を受けなければなりません。

 

なぜなら、乳歯のむし歯を放置すると、お口の中にさまざまな悪影響を及ぼすからです。

 

永久歯もむし歯になる

乳歯のむし歯を放置すると、永久歯もむし歯になることがあるのをご存知でしょうか。

 

永久歯というのは、乳歯が抜け落ちると同時に生えてくるものでもありませんが、もうすでに顎の骨の中で待機しているものなのです。

 

そのため、乳歯のむし歯が進行して歯の根っこにまで細菌感染が生じると、その先っぽからすぐ下に存在している永久歯へと病変が広がるのです。

 

生えてくる前からむし歯にしてしまうのは、あまりにも残念なことといえます。

 

永久歯がまっすぐ生えてこない

乳歯のむし歯が重症化すると、すぐ下に控えている永久歯に悪い信号が送られることがあります。

 

その結果、永久歯が本来生えてくる方向とは別の方へと移動してしまうのです。

 

これを専門的には「歯胚の回避現象」といいます。すぐ上に何か危険なものがあったら避けようとするのも当然ですよね。

 

極端に悪くなると、永久歯そのものが生えてこなくなるため注意が必要です。

 

将来的に歯並びが悪くなる

乳歯がむし歯になって、予定よりも早く抜け落ちてしまうと、歯列の中にスペースが生じてしまいます。

 

私たちの歯はそうしたスペースが存在していると、何とか隙間を埋めようと移動を始める傾向にあります。

 

そうすると、永久歯が正常に生えてくるためのスペースが不足し、将来的には歯並びの異常が生じてしまうのです。

 

まとめ

このように、乳歯のむし歯を放置すると、永久歯がむし歯になったり、永久歯の生え方や歯並びに異常をもたらしたりすることがありますので注意しましょう。

 

当院では、お子さまのむし歯治療も得意としておりますので、「むし歯かな?」と思った時点でいつでもご連絡ください。

 
ページトップへ