ブログ|尾張旭市で歯科・歯医者をお探しの方は【あさひ大沢歯科】まで

〒488-0826
愛知県尾張旭市大塚町2-6-13

052-778-8187

診療時間
9:30~12:30/※//
14:00~18:30/※//

14:00~17:30
祝日がある週は診療いたします
休診日:木曜・日曜・祝日

ブログBlog

  • アーカイブ

  • カテゴリー

根っ子の病気

2020年4月4日

こんにちは尾張旭市にある、あさひ大沢歯科の院長です。最近レントゲンで根っ子の先に影がある方にご説明させて頂く話しをお伝えします。
そもそも歯には神経があり、虫歯菌が歯を溶かして神経までいくと神経をとる処置が選択されます。(菌の感染の状態によっては、神経を残せることもありますが)
そして、菌が極力ない状態にして神経の代わりになるお薬(材料)入れて被せ物をします。
しかし、時間が経ってくると歯によっては根っ子の先にばい菌の巣を作ることがあります。これは、最初の神経の治療で極力菌を少なくするのですが、少ない菌が繁殖したり、また、その人の免疫力も影響し起こってきます。

そうなると、根っ子の治療をやり直しするか、痛みが無い場合経過を見ていくこともありますが、ばい菌の巣が大きくなると歯を抜かないと危険なときもあります。顎の中でばい菌の巣が大きくなるということは、顎の骨が薄くなっていくので顎自体が骨折とか周囲の歯も共倒れすることもあります。出来る限り歯を残したいと考えてはおりますが、残せない場合非常に残念ですので、もし、手遅れになる前にあさひ大沢歯科へ受診して調べさせていただきますと幸いです。

 
ページトップへ