ブログ|尾張旭市で歯科・歯医者をお探しの方は【あさひ大沢歯科】まで

〒488-0826
愛知県尾張旭市大塚町2-6-13

052-778-8187

診療時間
9:30~12:30/※//
14:00~18:30/※//

14:00~17:30
祝日がある週は診療いたします
休診日:木曜・日曜・祝日

ブログBlog

  • アーカイブ

  • カテゴリー

舌小帯

2021年3月3日

こんにちは。尾張旭市の歯科医院、あさひ大沢歯科の衛生士です。

 

今日は舌小帯についてのお話です。

 

舌小帯とは、舌の裏と舌の前歯の後ろをつないでいる『すじ』のことをいいます。

舌小帯の長さや位置が正常であれば問題はないのですが、

小帯が短かったり、舌の前のほうまで付着していると、乳児の場合、授乳に影響があり、

3歳ごろからは、歯並びや発音にも影響が出てくることがあります。

そして舌小帯が短いことで舌を上に上げることができないために、

舌が下にとどまりぽかん口や口呼吸の原因になります。

5歳くらいまでは、舌やお口の周りの筋肉を正しく使えるように、

口腔筋機能療法(MFT)を行い、トレーニングをしながら舌小帯を伸ばしていきます。

そして舌の正しい位置を覚え、ぽかん口の原因となる低位舌を防ぎます。

 

5歳まで様子を見て、それでも発音に影響がある場合は、適切な形態に切除することで改善がみられます。

 

お子様の言葉の発音が気になる方、ぽかん口、口呼吸が気になる方、

あさひ大沢歯科にご相談ください。

 

 

 
ページトップへ