ブログ|尾張旭市で歯科・歯医者をお探しの方は【あさひ大沢歯科】まで

〒488-0826
愛知県尾張旭市大塚町2-6-13

052-778-8187

診療時間
9:30~12:30/※//
14:00~18:30/※//

14:00~17:30
祝日がある週は診療いたします
休診日:木曜・日曜・祝日

ブログBlog

  • アーカイブ

  • カテゴリー

むし歯菌

2021年3月29日

こんにちは。尾張旭市の歯科医院、あさひ大沢歯科の衛生士です。

 

 

今日はむし歯菌と全身の病気の関わりについてお話します。

 

むし歯を引き起こすのは、ミュータンス菌をはじめとしたむし歯菌です。

以前に歯周病菌が100以上の全身の病気と関係があるとお話しました。(以前のブログを見てくださいね)

むし歯菌も体中をめぐって全身に影響を及ぼすことがあります。

特に関連が明らかになってきているのは、脳と心臓です。

 

脳の血管は不適切な生活習慣や加齢によって柔軟性を失いもろくなります。

このような状態の血管にむし歯菌がつくと炎症がおこり、血管の壁が破れやすくなることが、近年の研究によって解明されました。

そして心臓病のある方では、心臓に弁膜や内膜にむし歯菌のかたまりができて炎症が起こることがあります。

 

心臓弁膜症とは、心臓にある4つの弁のいずれかが開きにくくなったり閉じにくくなったりする病気ですが、実際、心臓弁膜症の方の弁を調べたところ、半数以上にむし歯菌のDNAが検出されました。

心臓弁膜症がある方は、感染性心内膜炎が起こりやすくなることがわかっています。

感染性心内膜炎という病気は、発熱などの症状が現れ治療が遅れると心不全を引き起こしたり、心臓の中にできた細菌のかたまりが脳に流れ込んで脳梗塞の原因になったりすることがあります。

 

 

毎日の適切なお口のケアと歯科検診、クリーニング、治療によってむし歯菌を減らすことが、

脳出血や心臓弁膜症や感染性心内膜炎など、脳と心臓の病気の予防に繋がります。

お口の環境をいい環境にすることで、全身の健康に繋がります。

 

 

あさひ大沢歯科では、むし歯予防、むし歯治療を行っております。

むし歯を予防したい方、むし歯があるか知りたい方、むし歯で歯の痛みを感じている方、是非ご相談ください。

 

 

 
ページトップへ