ブログ|尾張旭市で歯科・歯医者をお探しの方は【あさひ大沢歯科】まで

〒488-0826
愛知県尾張旭市大塚町2-6-13

052-778-8187

診療時間
9:30~12:30/※//
14:00~18:30/※//

14:00~17:30
祝日がある週は診療いたします
休診日:木曜・日曜・祝日

ブログBlog

  • アーカイブ

  • カテゴリー

子供の前歯が欠けてしまったのですが、治りますか?

2022年11月3日

こんにちは。尾張旭市の歯科医院、あさひ大沢歯科の院長です。

 

先日にもあったのですが、「我が子の前歯が欠けてしまったのですが、治りますか?」でご心配されてるおかぁ様が来院されました。

 

実は、こういったお子様の前歯が欠けてしまい、来院されることは多々あります。

今回は、以前に治療されていた白い詰め物(樹脂)が欠けておりました。

すぐに、新しい詰め物(樹脂)で治療し、見た目が治り、とても安心されておりました。

 

ここで、前歯がよく欠けてしまう時期は、転んだりしやすい幼児期、スポーツが盛んな学童期、青年期に多く、対応が悪かったり、遅れたりするとその歯の予後が大きく変わります。

例えば、天然の歯が欠けて痛みがあると、歯には神経があり、神経を取らないといけなくなることもあります。早めの治療が神経の保存につながります。

 

また、欠けた歯をもってきていただくと、くっつける方法もあるので、樹脂で詰めるより、本来の見た目や噛み合わせが上手く再現できます。

 

子供にとっての前歯は、その子の長い人生で見た目にも、食事にも、発音にも必要です。

 

ですので、欠けてしまった場合は、かかりつけの歯医者さんにすぐに受診することをおすすめします。

 

何かお口の悩みをお持ちでしたらあさひ大沢歯科にご相談ください。一緒に解決していきましょう。

 
ページトップへ