歯周病治療|尾張旭市で歯科・歯医者をお探しの方は【あさひ大沢歯科】まで

〒488-0826
愛知県尾張旭市大塚町2-6-13

052-778-8187

診療時間
9:30~12:30/※//
14:00~18:30/※//

14:00~17:30
祝日がある週は診療いたします
休診日:木曜・日曜・祝日

歯周病治療Periodontal

当院の歯周治療

当院の歯周治療はスタッフ全員が患部を拡大できる、メガネ型の拡大鏡を使用しています。
拡大鏡とは、歯を拡大して見るための道具で虫眼鏡のようなものです。拡大鏡を使用することによって、肉眼では見落としやすい歯や歯茎の中に存在する歯石を見つけることができ、より精密なクリーニングを行うことができます。
当院の拡大鏡は肉眼よりも2.5〜6倍の拡大率のものを使用しています。

こんな症状ありますか?

  • 歯ぐきが腫れている、膿が出る
  • 歯ぐきが下がって歯が長く見える
  • 歯を磨くと歯ぐきから出血する
  • 朝起きると口の中がネバネバする

歯周病とは? 日本人の成人の約8割が罹患しているといわれる歯周病。歯垢(プラーク)の中で歯周病菌が繁殖して、歯ぐきに炎症が起こる病気です。
症状がさらに進行すると、歯を支える歯槽骨(しそうこつ)が徐々に破壊され、歯がグラグラして抜け落ちます。
近年、歯周病が糖尿病・心疾患・脳疾患・誤嚥性肺炎など、重篤な全身疾患と関連があることが広く知られるようになってきました。
歯周病は自覚症状がないまま進行することが多いため、セルフケアとプロのケアによる「予防ケア」が重要です。

当てはまる症状がある場合は、
歯周病の可能性が。
お早めにご相談ください。

  • 歯磨きをすると出血する
  • 歯ぐきが赤い
  • 朝起きると口の中がネバついている
  • 歯と歯の隙間が広がり、食べ物が詰まりやすい
  • 歯ぐきが腫れている、丸くなっている
  • 歯ぐきがブヨブヨと柔らかい
  • 歯ぐきがむずがゆいことがある
  • 口臭が気になる
  • 歯が長くなったように感じる
  • 硬い食べ物が噛みづらくなった
  • 歯がグラグラする
  • 歯ぐきを押すと膿が出る
  • 歯ぐきが下がり、歯の根元が見える

歯周病の原因歯周病の原因は、歯垢に潜む歯周病菌です。
歯垢は歯周病菌など細菌の塊で、歯と歯ぐきの隙間の「歯周ポケット」に溜まっていきます。
そして、この歯周病菌が出す毒素によって、歯ぐきなどの歯周組織に炎症を起こします。
そのため、毎日の丁寧な歯磨きや、歯科医院でのクリーニングで、歯垢や歯石をできる限り取り除く「プラークコントロール」が、歯周病予防・治療となります。

全身疾患との関係

出血した歯ぐきから歯周病菌が入り込み、血流に乗って全身を巡ると、糖尿病・心疾患・脳血管疾患・動脈硬化、早産や低出生体重児リスクの増大など、さまざまな全身疾患を引き起こす原因となります。
また、歯周病菌が誤嚥によって肺に入ると誤嚥性肺炎を起こすことや、糖尿病によって歯周病が発症・悪化することもわかっています。
身体の健康を守るためにも、歯周病の予防と早期発見・早期治療に取り組むことが大切です。

歯周病の進行

健康な歯ぐき

健康な歯ぐきは淡いピンク色で引き締まっていて、歯をしっかりと支えています。
歯磨きや歯周検査で簡単に出血することはありません。

歯肉炎

歯ぐきだけが炎症を起こした状態です。
歯磨きをすると歯ぐきから出血することがあります。
歯周ポケットの深さが2~3mmになり、放っておくと炎症が進行します。

歯周炎(軽度)

歯ぐきの腫れや、歯磨きで出血することが増えるなど、歯肉炎が進行した状態が「歯周炎」です。
歯周ポケットが4~5mmまで深くなり、歯根膜や歯槽骨の破壊も始まるため、歯がグラつきはじめます。

歯周炎(中度)

軽度の歯周炎からさらに進行し、歯ぐき腫れぼったくなり、膿が出たり口臭が強くなったりします。
歯周ポケットは4~6mmの深さとなり、歯槽骨が半分近くまで破壊されているため、歯のグラつきが進んだ状態です。

歯周炎(重度)

重度の歯周炎になると、歯ぐきが真っ赤に腫れて痛みも出ます。
歯周ポケットは6mm以上の深さとなり、膿が出て口臭もかなり強くなります。
歯槽骨が破壊されて、歯は抜け落ちる寸前で、歯根はむき出しの状態です。

歯周病治療の流れ

1

Step 01検査

適切な治療を行うために、さまざまな検査を行います。

歯周ポケット検査

「プローブ」という針のような器具で歯周ポケットの深さを測り、歯周病の進行度を調べます。
健康な歯ぐきはプローブが1~2mmしか入りませんが、重症になると10mmを超えることがあり、炎症による出血の有無も測定できます。

レントゲン検査

歯根が歯槽骨にしっかり埋まっているかどうか、歯周病の進行具合をレントゲン撮影で確認します。

2

Step 02カウンセリング

検査結果を基に、現在の状態をご説明します。
治療計画をご提案して、ご了承をいただいてから治療を開始します。

3

Step 03初期治療

ブラッシング指導

歯周病は、歯垢をできるだけ取り除いていくことが重要です。
お口に合った歯ブラシと、デンタルフロスや歯間ブラシなどの補助グッズを用いて、ご自宅でも歯垢を効率的に取り除く「セルフケア」が行えるようにご指導します。

スケーリング

「スケーラー」といわれる専門の器具を用いて、歯石を削り取ります。
歯石は歯垢が石灰化したもので非常に硬く、ブラッシングでは取り除くことができません。
歯や歯ぐきを傷つけないためにも、歯科医院で除去してもらいましょう。

4

Step 04進行した歯周病の治療

患者様とご相談の上、必要性があればご提案致します。

フラップ手術(歯周外科治療)

フラップ手術は、中度以上の歯周病で、スケーリングで歯石を取り除いても症状が改善しない場合に行う外科治療です。
歯ぐきを切開して、歯根面に付着している歯石や感染した組織を除去します。

再生治療

歯周病で破壊された歯ぐきや歯槽骨に、再生治療が可能な場合もあります。
歯ぐきに人工膜を被せる、歯根にジェル状の薬剤を塗る、骨移植するなどの方法があります。
再生できる程度や期間には個人差があります。

5

Step 05
メンテナンス・定期管理

歯垢と歯石をできる限り除去することで、歯周病の進行を食い止めることができます。
ご自宅で毎日行う「セルフケア」と、定期的に歯科医院で行う「プロフェッショナルケア」を組み合わせて継続していきましょう。

歯周病の予防方法

ブラッシング歯周病予防は、毎日の歯磨きが基本です。丁寧なブラッシングで歯垢をできる限り除去します。
歯ブラシやブラッシング方法などを見直すとともに、デンタルフロスや歯間ブラシも併用しましょう。当院では、初めてデンタルフロスや歯間ブラシを使用される方にも1からわかりやすくご説明しております。

定期メンテナンス毎日歯をきちんと磨いているつもりでも、歯垢を完全に落としきることは難しいものです。
当院では3ヶ月に一度は歯科医院で定期検診を受けていただき、歯垢や歯石を除去していただくことを推奨しています。

禁煙タバコに含まれるニコチンには血管収縮作用があるため、喫煙者は歯周病になりやすく、治療の予後も悪いといわれています。
歯周病と診断された方は必ず禁煙して、歯周病予備軍の方は1日も早く禁煙しましょう。

ページトップへ